メインイメージ

主婦が求められる理由

飲食店の求人に主婦が求められる理由

世の中には、さまざまな企業や事業所の求人があふれていますが、そのほとんどは、前職での業務経験やスキルを求めるものです。業務経験のない人の場合には、一から業務の基礎を教えなければならないため、即戦力として活躍できるまで、多大なコストがかかるたえめです。こうした制約があるために、ほとんどの主婦の人は、仕事をしたいと希望していても、なかなか希望の求人が見つからずに、単純労働のパートやアルバイトに甘んじざるを得ません。しかし、なかには主婦の経験やスキルが高く評価される求人もあるのです。では、そのような仕事は、どのようなものでしょうか。

主婦の経験が優遇される職種の最たるものが、飲食店での仕事です。飲食店の仕事と言えば、大抵の人は、ウエイトレスやホールスタッフなどの、接客に関わる仕事を思い浮かべるものです。しかし、実際に飲食店の仕事の核となるのは、接客サービスよりも、むしろ調理等の厨房に関わる仕事が大半となります。このような仕事は、そのほとんどが家庭内の仕事と重なるものです。もちろん、一回につくる料理の品数や量は、家庭料理に比べるとはるかに大量なものとなりますが、作業過程においては、家事と重複することがほとんどです。ですから、主婦の経験が長い人ほど、飲食店の仕事ではその実力を十分に発揮できるというメリットがあります。むしろ、長く家庭にいて、外の仕事を経験したことがないという人ほど、飲食店の仕事では成功をおさめる確率が高いとも言えるでしょう。

また、飲食店の仕事で必要なのは、調理のスキルだけではありません。例えば、原材料の仕入れ先を決めるのも重要な仕事です。店舗の運営コストを抑えるためには、少しでも安く、新鮮な食材を仕入れることが非常に重要ですが、そうした判断のためには、主婦として培った経験が大きな力を発揮するのです。実際に、調理スタッフとして採用された女性が、その腕を見込まれて、管理部門に登用され、管理職や幹部職に昇任したというケースも少なくありません。

このように、飲食関係の求人は、女性ならではの経験や感性が大いに発揮できる仕事です。また、ビジネスの経験の有無にかかわらず、全ての女性が同じ土俵で勝負できる貴重な業界でもあります。これまでの自分の業務経験に不満があり、かつ今後はやりがいのある仕事を希望している人にとっては、その実力を遺憾なく発揮できる、貴重な職場であると言えるでしょう。

Copyright© 2015 飲食求人で重要視すべき人事のあれこれ All Rights Reserved.