メインイメージ

人事の重要性

業界の求人における人事の重要性

社会にはいろいろな業種の仕事がありますが、そのなかでも特に求人数が多いのが飲食関係の仕事です。飲食業は典型的な労働集約型の産業であるため、まずは人手を確保しなければ、事業を円滑に進めることはできません。特に求人数が多いのは、店舗を運営するスタッフです。

例えば、調理場で調理をつくったり、配膳や後片付けをするスタッフ、接客やレジを担当するスタッフなど、さまざまな役割を果たす人員が必要になります。一般の人々が、飲食業界で働いている人たちをイメージする際には、このような仕事をこなす人々が脳裏に浮かぶことでしょう。しかし、この業界で特に重要な役割を果たしているのが、人事スタッフであるということは意外に知られていません。では、人事関係の業務に携わる人たちは、どのように重要な職責を果たしているのでしょうか。
飲食関係の店舗を営業するには、その店で働くスタッフを揃えることが何よりも大切です。ですから、新規店舗を開店する際に、その店が成功するか否かは、オープニングスタッフの求人がうまくいくかどうかに左右されると言えるでしょう。飲食業にとっては、パートやアルバイトなどの正社員以外のスタッフも貴重な戦力ですから、こうした人々について、優秀な人材を採用して、末長く働いてもらうことは経営を軌道に乗せるうえではぜひとも必要なことです。

そして、こうした経営判断を行う際に、重要な役割を占めるのが、人事の仕事なのです。まずは、採用面接の際に、応募者の適性を見極めて、優秀かつ意欲のある人材を採用しなければなりません。また、各店舗の要請に応じて、必要な人材を適材適所に配置する必要があります。いくら優秀な人材であっても、スキルや適性に見合わない職場に配属されれば、せっかくの能力も十分に発揮できないおそれがあります。ですから、コストを抑えつつも、優れた人材を確保して、経営を順調に拡大するためには、人事スタッフの仕事の成果が大きく物を言うのです。

このように、飲食業界においては、目に見えない部分で人事部門のスタッフが果たす仕事は非常に重要な影響を及ぼしています。飲食関係の仕事では、料理の質やメニューの豊富さこそが事業の成否の鍵だと思われがちですが、実際には、人材の採用や、彼らに対する待遇こそが、事業の成功に大きく寄与しているのです。人材を上手に活用することのできる企業こそ、飲食業界で今後も成長性が見込める会社だと言えるでしょう。

Copyright© 2015 飲食求人で重要視すべき人事のあれこれ All Rights Reserved.